私達の体を構成するものは何かを知る

私達人間は、一つの個体です。右手を動かしたいと思えば右手が動き、走りたいと思えば走れますし、そもそも何かを考えようと思えば自分自身の頭でモノを考えることが出来ます。しかしながら、人間は単細胞生物ではありません。アメーバなどのように、体が一つの細胞でできているわけでもないのに、私達の体を構成するいくつもの細胞たちがそれぞれ自分の思い通りに動くのはどういった原理なのでしょうか?そこに大きく関わってきているのが、DNAという存在です。デオキシリボ核酸と呼ばれるこのDNAは、いわば人間の設計図とでも言いましょうか。私達の体に存在する幾億もの細胞のその全てのミトコンドリアに、このDNAが組み込まれています。それぞれ全ての細胞が、私達の体の設計図を持っているために、私達の体は一つの個体として存在することができているのです。もし、このDNAがなくなってしまえば私達の体はすぐさま顕微鏡でなければ見えない細かいサイズに分割されて風にながされてしまうことでしょう。つまり、私達の体は一つの大きなものでありながら、同時に小さないくつものものでもあるのです。そこで重要になってくるのが、幾億にも渡る細胞の維持です。それぞれがある意味では「命」を持ち、私達の体を維持していますが、その体を維持するためには、多くの要素が必要となります。例えば、細胞が少し動くのにも、それに見合ったエネルギーが必要でしょう。それらを取り入れるのは、やはり私達の体内にあるそれを担う細胞の力です。私達の体を動かしていくには、様々なエネルギーが必要です。例えばどんな動作をするのでもカロリーで表記されるエネルギーそのものが必要となりますし、他にも、活動ごとにビタミンやカルシウムなど、それに見合ったエネルギーが必要とされます。それらのエネルギーの事を、「栄養素」と呼びます。これらはいずれもが私達の体の活動を維持するのに必要とされるものです。この時、これらの「栄養素」を取り込んで私達の体の一部へと変える人体の活動のことを「栄養」と言います。栄養と栄養素、混同して使いがちなので、是非その意味を知っておいてください。さて、それでは私達の体に必要な栄養素には、一体どのようなものがあるでしょうか。このサイトにおいては、私達の体に必要な栄養素について詳しく紹介していきたいと思います。今回紹介するのは、大元のエネルギーの一つである「糖質」、体の構成に大きく関わる「脂質」、こちらも体の構成に大きく関わる「タンパク質」、体の調整に必要となる「アミノ酸」、多くの細胞の活動を活性化する「ビタミン」の5つについてです。それぞれより細かく分類されているものについては、さらに別項にて説明していきたいと思いますので、そちらも参照して頂ければ幸いです。

ビルベリーの効果
http://www.online-studying.com/kouka/

クリニカにお任せください
歯垢なら

金沢(金沢駅・武蔵)のカラオケ・パーティのグルメ情報はこちら

注目の成分「アスタキサンチン」
http://www.electron-cigarette.jp/kassei/

中古でライフを探すならここ
ガリバーで探す、良い中古車

このサイトで「アスタキサンチン」の商品を見る
http://www.blowerdoortestingofmaine.com/torikata/hukusayo.html